So-net無料ブログ作成

ウルトラバトルサテライト 感想 [ネタバレ・感想]

ubs1.jpg
 
ウルトラ・バトル・サテライトの感想・第1話です。
ジャンプ新連載のウルトラバトルサテライトきました!
U(ウルトラ)B(バトル)S(サテライト)

第1話は「喧嘩猿」こいつはヤバイよ!!!
 
 
 


 R1・「喧嘩猿」あらすじ


 
主人公と思われる人物が「祭矢 陣」こいつは高校生。
空手の真空手大会決勝で、「早川翔馬」と対戦するが


相手に頭突きをくらわせてしまい失格。
本人いわくとっさに出てしまうのだという。


そんな話を「武田春信」通称ブタ。に話しながら
気にくわないのか母が危篤とか色々適当に言って早退する。


反則で負け、賞金も持っていかれて納得がいかない祭矢陣は
神社へ向かう。と、そこに教室では存在感がまったく無く
窓際に座っている日本人形を持った女の子が現れる。


彼女の名は「百地 桜」ももっちと呼んで。と祭矢に話かける。
彼女からルールに縛られない本当の戦いへの誘いが届くと言われる。


家に帰ると姉の「祭矢 鈴」が酔っ払って仕事へ向かう。
そして何かスマホのような物が届いていた。


それこそがUBS(ウルトラ・バトル・サテライト)と言い
プロ、アマ問わず世界中の格闘家集う究極のストリートファイト中継
強豪を打ち破りビックマネーを手にいれましょう!と説明される。


武田から電話が来る。早川が遊ぼうと誘っているらしい。
陣は先日の負けが頭にきているがとりあえず向かった。


すると、なぜか百地桜の姿が、、ついていくと、、。
早川が何者かにボッコボコにされていた。
その相手は「茶良岡 保人(ちゃらおかやすと)」通称初心者狩り。


陣はさすがに汚いやり方にキレ、ウルトラバトルサテライトに参加する。
ルールもなにも存在しないこのUBSだが、茶良岡は陣を甘くみていた。
陣は危なげなく茶良岡をぶっ倒し、自身の賞金額が上がるのだった。


 
 

ウルトラ・バトル・サテライトの感想



祭矢陣のメチャクチャな強さがすごく気になります。
やられてしまった早川とは全然実力が違うし
喧嘩のやりかたが上手すぎる。


いったい普段はどんな日常を送っているのか気になります。
そして茶良岡を指折りしたあとのオーラみたいな天稟(てんりん)
百地が武の天稟があると言っていましたが、色んな種類がありそうです。


そして、百地(ももっち)ですがメチャメチャ謎です。
でも、キャラ的には可愛いです~~。
女の子の絵が凄く可愛いので、ももっちは人気がでそうですね。


しかしこのUBSが届いた人って、祭矢陣のような喧嘩のセンスある人間はいいけど
普通にルールありきの格闘しかしてない人間にとっては不利ですよね。
確かに強いんでしょうけど、ルールが無いって事は、何をしてでも勝てばいい。


結構えぐい漫画になっていきそうな感じもありますね。
でもでも、一人一人ランクが決まっていたり、賞金があって
こうゆう設定はすごく好きですね~。


これからどんなバトルが繰り広げられるか楽しみですね~。



まとめ




まだ連載が始まったばかりでなんとも言えないですが
新連載が短期間で終了するケースも多いので
このウルトラ・バトル・サテライトには頑張って欲しいですね~。
 
 
 
<<~関連記事~>>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。